« 3人いる!? | トップページ | アクシデントその2 -ΔΦΩ- »

アクシデントその1-これはプロブレムです-

旅行記の続きです。

少し遡って、トルコからギリシャに行くときのことです。

普通に荷造りをして空港に。

でも一つ気がかりなことがあったのです。

それは、トルコ到着時に、キャリーバックが壊れてしまっていました

たぶん積み降ろしの時に乱暴に扱われたんだろうなーと思いつつ、これ、次に預けるとき大丈夫かな? と思っていたら案の定、チェックインで引っかかりました

飛行機で預ける荷物は重さと高さ制限があるのです。

壊れて引き手が引っ込まなくなってしまっていたキャリーバックは、

高さ制限でアウト

実は……

と説明しても、

でもこれはプロブレムです

の一点張り。

さあどうしよう……引き手さえなくなれば良いのですが、

重い荷物用のがっちりとしたそれは引きちぎるわけにもいかず……

結局空港で新しいバックを買いました。

まあ、それしかないですね。

気に入ったものが見つからずに思い切り安いもので間に合わせ。

これで無事飛行機に乗せることはできましたが、トルコに戻ってきてから地面にこすれて大きな穴が空いてしまいました

しかたがない。安物だしね。

トルコのショッピングセンターでまたバックを購入。

今度は割と気に入ったものが買えました。

こういうものは、本当はドイツで購入したかったんですけどね。

ドイツ製って品質には絶大な信用があるので。

それでもそこそこの値段の2つ目のバックは、ちゃんと役目をこなして日本に帰ってきました

お疲れ様。

ところで、ベルリンから日本に帰る飛行機のチェックイン待ちのとき、

列の横に

引きちぎられたキャリーバックの柄

が落ちていました。

まさか……これは……

そこまでやるとは、さすがはドイツ人

(まあ、どこの国の人がやったかは本当のところ分かりませんけど)

|

« 3人いる!? | トップページ | アクシデントその2 -ΔΦΩ- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012695/43157869

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデントその1-これはプロブレムです-:

« 3人いる!? | トップページ | アクシデントその2 -ΔΦΩ- »