« 殺されるかも……2 | トップページ | 笑えない過去2 »

笑えない過去1

こんばんは。

今回の笑えない過去は

蝉惨殺事件のお話です。(グロ注意)

犯人は

あれは10日くらい前のことでしょうか?

うちの周りには蝉がいます。

至る所にいます。

壁、ベランダの床、天井、網戸、そして玄関先。

所構わず我が物顔で気持ちよさそうに鳴いています。

ある早朝。

ゴミを捨てに行こうと玄関を出ると

蝉が一匹玄関先を飛び回っていました。

蝉って飛ぶのが下手ですよね~。

わざわざ人のいる方に飛んできたり、

いろんな所にぶつかってひっくり返ったり。

はい、その蝉も玄関ドアの前で仰向けにひっくり返っていました。

要救出

私は昆虫は嫌いですが、

ひっくり返っている蝉は救出することにしてます。

だって、変にそこら辺をじたばた動き回られたら怖いじゃないですか。

とりあえず手に持っているスプレー缶入りのゴミ袋を

蝉に近づけると、蝉はそれに掴まって

よいしょと起きあがりました。

そのときふとおかしなことに気付きました。

蝉の胴体ってこんなに短かったっけ?

確かに羽根に対して蝉の胴体は結構短いです。

でも……

突然、嫌なことに気付き、蝉を袋ごと玄関脇の台に乗せると

そ~っと玄関ドアを開けてみます。

するとそこには

蝉の下半身が……

きゃ~~~~~~っ!

たまたま、締まるドアに胴を切断されてしまったようです。

はい、だから加害者は私ですってorz。

とりあえず床に落ちている下半身はティッシュにくるみ

持っていた家庭ゴミに入れましたけれど……

上半身……

玄関を出て先ほどの台を見ると、

蝉がスプレー缶のゴミ袋に掴まったまま

じっとこっちを見てる

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい……

でも、このまま置いておいても助かる見込みはありません。

そうかといって生きている上半身をゴミ袋に入れられるほど

剛毅な性格はしてません、私。

ホントだってば。

仕方なしに、スプレー缶を捨てるのは諦め、

蝉付きで台に放置して、家庭ゴミ+下半身だけを捨てに行きました。

もちろん何時間か後には、上半身もお亡くなりになっていたので

次のゴミの日に荼毘に付させてもらいました……orz

本当は、

ひと思いに楽にしてあげた方が良かったのかも知れませんが……

さすがにそれは無理

笑える過去が底をついたので、

今度は色々手当たり次第書いていこうかと思っています。

それにしても、ネタが~

|

« 殺されるかも……2 | トップページ | 笑えない過去2 »

最近のお話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012695/31040665

この記事へのトラックバック一覧です: 笑えない過去1:

« 殺されるかも……2 | トップページ | 笑えない過去2 »