« 拉致られちゃいました | トップページ | 意外な迷惑 »

桜が舞い散る中で

こんばんは。

またこんな時間での更新です。

このブログ、実は、文章の練習のためという

目論見もあるんですけれどいつもいつもこんな時間に書き込むと

思考回路がガタガタで、文法さえおかしい文章を書いている気も。

……まぁ、言い訳なのですけれど。

今日は、トルコから戻って

久々にいつものかわいそうな私の話でも。

(馬鹿話ではなかったのか?)

毎年春先に、

ベランダに敷詰めたウッドパネルのペンキ塗りをしています。

30cm×30cm が56枚。

けっこうな重労働です。

このペンキ塗り、

パートの仕事が長期にお休みの、

イースター休暇の際に終わらせるようにしています。

なぜイースター休暇限定? 

それはですね、うちのベランダの事情から。

夏は直射日光でフライパンの如く。

冬は寒風で凍えさせてくれます。

そして、秋は枯れ葉が舞い込んでくるからです。

(枯れ葉がペンキにくっつくでしょう?)

で、このイースター休暇なのですが、

職場の気分で毎年日にちが変ります。

2月から始まったり、3月下旬になったり、GWの前にくっついたり。

そしてその問題の年は、3月下旬だったと思います。

私が住んでいる横浜で3月下旬は、桜が開き始める季節

ところがその年は、例年になく暖かな春でした。

なので、うちの前にある山桜の大木

すでに満開の花で身を覆っていました。

嫌な予感におののきながら、ペンキ塗り作業開始。

ベランダの養生(マスキング作業です)や掃除を含め

丸2日をかけての大仕事です。

で、ようやく下準備も終りペンキ塗りをしていると

私の肩口に桜の花びらが1枚ひらひらと舞い降りてきました。

うっ、これは……(かなり嫌な感じ)

そして、ペンキ塗りが終わってそのまま乾かしに入った夕方から

山桜が、あざ笑うが如く桜の花びらを舞い落とし始めました

そして、ペンキ塗り立てのウッドパネルは、

みるみるうちに桜の花びら模様に……

そのままで良いんじゃないかですって?

いやいや、枯れるとけっこう汚くなるんですよ、花びらって。

そんな訳で、日に何度もピンセット片手にベランダに行っては

桜の花びらを剥がす作業に没頭。

パネル1枚に付き

5~6枚は花びらがくっついて、それが56枚分ですから。

私、涙目

なんで私はこんなことをしてるんだろうと。

おまけに乾きが悪いこのペンキ。

1週間はこんな作業をさせられました

毎年ベランダでペンキ塗りをすると、

決まってこの悪夢を思い出します。

なんか地味な話になっちゃいましたね。すみません。

次回は、少し派手な話でも用意します。

|

« 拉致られちゃいました | トップページ | 意外な迷惑 »

最近のお話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012695/28534653

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が舞い散る中で:

« 拉致られちゃいました | トップページ | 意外な迷惑 »