« 男の美学 | トップページ | 何か落ち度でも? »

トルコ料理は好きか?

こんばんは

突然ですがみなさん、『男はつらいよ』という映画をご存知ですか?

そしてその主人公は?

何故こんな話を突然書き出したかというと、

トルコのみなさんは、どことなくこの寅さんを彷彿とさせるような方が多いのです。

あの、バス停のお兄さん然り。

さあ、前回の続きです。

スペースすぺーす

さて、バスに乗った私たちはガラタ橋という橋の近くにある

スパイスバザールという市場を目指しました。

イスタンブールには4000軒の商店が建ち並ぶ、

グランドバザールという大きな屋根付き市場がありますが

こちらは今では観光客向け。

たぶん、京都の新京極のような感じなのでしょう。

それに比べてこのスパイスバザールは、

地元の人も活用している市場です。

昔はスパイスの売買が主流だったバザールなので、

観光客からはこう呼ばれているとか。

スパイスバザールは、橋のたもと。

地図を見てそう記憶した私たちは、

バスを降りた後に目的地を探すも、全然見つかりません。

雪の中を歩き回ること30分。

ダメだ、誰かに聞こう。

向こうから歩いてくるビジネスマンらしき男性二人連れ。

彼らに尋ねるも、首を捻るばかり。

知らないわけないんだけれど……この近くでしょう?

実は、私たちが尋ねた『スパイスバザール』という呼称は

旅行者しか使わない言葉。

地元の方は、『ムスル(エジプト)バザール』もしくは

『ムスルチャルシュ(市場)』と呼んでいたのです。

だから、彼らは分らなかったのです。

ただ、ここからがトルコ方が日本人とは違うところです。

絶対に、知らないと首を振らない。

一生懸命、あそこのことじゃないか? こっちじゃないか?と

推理するわけですよ。

彼らもそうでした、いつの間にか加わっていた3人目と一緒に。

そして、そのうち加わった4人目も巻き込んで。

そして強面の4人目さんが、

そうだ、ムスルチャルシュのことだ!

と気づいたわけですね。そして

この日本人は俺が連れて行く

と皆に宣言し、私たちを目的地まで案内してくれました。

(トルコ語で何となくそんなことを言っていた感じ)

もちろん降りしきる雪の中を。

彼に案内されて分ったのですが、

私たちは、橋を渡ったところでバスを降りないといけなかったのですが、

橋の手前で降りてしまったのです。

どうりで探しても見つからないわけだ。

雪道を所要時間20分。

歩き続けた私たちは、ようやく目的地にたどり着きました。

そして強面の彼

その後、私たちにバザールの中を丁寧に案内してくれました。

そして、一通り巡った後にこんなことを言いました。

もっと大きなバザールがあるが行ってみるか?

たぶんグランドバザールのことだなと思いましたけど、

とりあえずYESというと、案の定そこに案内されました。

所要時間30分。

スペース

彼は、またそこも一通り案内。

どれだけ親切なんだ、彼は。

と思ったけれど、まだまだ甘い。

その後、ちょっと疲れたなと思った時に

トルココーヒーは好きか?

と訊いてきました。

ここで、トルココーヒーとは

細引き胡椒くらいにひいた豆に砂糖を加えて煮だし

そのままカップに空けて、粉をしばらく沈殿させて

上澄みを飲みます。

カップの大きさは、デミタスカップくらいです。

私たちが「好きだ」と答えると

よし、飲みに行こう

と市場内にある珈琲屋さんに連れて行ってくれました。

トルコの珈琲屋さんは、出前が主です。

ですからお店には椅子がなく、

そこらのビールケースに座ってお茶をしました。

私たちはコーヒーをごちそうになりながら、

ここの豆は、炒りたてではない。

 豆は挽きたてよりも、炒りたての方が重要なんだ

と、彼の蘊蓄を拝聴していますと、今度はおもむろに

トルコ料理は好きか?

とのお言葉。

そろそろお昼時。

でもその日の朝は、ホテルの朝食が美味しくて

たくさん食べてきてしまったので、まだまだお腹は減りません。

そこで、

好きだけど、お腹がいっぱいだ

と旦那さんが応えると

よし好きか、食べに行こう!

とすたすたとお気に入りのレストランに向かってしまいます。

旦那さん、小声で

人の話を聞け!

結局、ドネルケバブや、シシケバブ、

お皿にこれでもかの焼き肉の盛り合わせと

巨大パンの昼食になりました。

ごちそうになったものを残すのも申し訳ないから、

無理やり詰め込みました。(でも、全部は食べ切れませんでした)

美味しい料理でしたけど、きつかったです。

スペース

とても親切な彼は、船乗りさん。

I'm sea man !」と言ってましたので。

日本には何度か行ったことがあるよ。

 苫小牧に、名古屋に、神戸。

 日本は、とても清潔でよい国だ。

 それに引き換え、トルコはダメだ

そういう彼に、旦那さんが。

でも、インドよりもずっと良いだろう?

とフォローすると

インドと一緒にするな !

 あそこは、ダーティで、アニマルだ

の返事が返ってきました。

ダーティは分るけど、アニマル?

インド人、怒るだろうな~(笑)

昼食後、彼は握手をして去っていきました。

スペース

このように困っている人を見ると、駆けつけてまで

助けようとする方が、トルコではなんと多いことか……

その様子は、ほら、まるで誰かさんみたいでしょう?

スペース

誤字がひどかったので、訂正しました。(半分眠りながらの投稿はダメですね(汗)

|

« 男の美学 | トップページ | 何か落ち度でも? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012695/28118700

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ料理は好きか?:

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 13時50分

« 男の美学 | トップページ | 何か落ち度でも? »